1. ニコニコ超パーティー2018レポ前半!第1部、第2部編

イベント・セミナー情報

ニコニコ超パーティー2018レポ前半!第1部、第2部編

がわりおん

2018.11.07(Wed)

今年も開催されたニコニコ超パーティー2018!!
ニコニコ超パーティーは2018年で7回目を迎え、今年は初めてVTuberたちが出演しました!
会場がどんな様子だったか気になっている皆さんのために、超パ2018のプログラムを厳選して第4部構成でレポート!本記事では第1部と第2部をご紹介します!

第1部~LOVE~

トップバッターは、意外にもニコニコ超パーティー初出演のやなぎなぎ。
やなぎなぎは、以前はガゼルという名前でニコニコ動画に歌を投稿したり、VOCALOIDを用いて楽曲製作をしていたryoとともに、supercellのボーカルnagiとして活動したりしていました。
今回の超パの1曲目は、初音ミクの名曲であり、supercell結成のきっかけとなった「メルト」の10周年記念リミックスである「メルト 10th ANNIVERSARY MIX」。
美しい歌声が会場に響き渡り、初っ端から泣かせにきてる…!!(本当に泣きそうになりました)

また第1部で強烈に印象に残ったのが「世界トップレベルの」出演者による演奏!
MCの百花繚乱が「その道のプロ!」と怪しげな前置きをしたために、会場がざわざわする中登場したのは…
「演奏してみた」カテゴリでおなじみの、指パッチンの指男、ガチャポン演奏のケロリン、歯ブラシ演奏のお野菜、オタマトーンのとて、手おならのabeshi、頬太鼓のすみそ、ハンドフルートのせんときゅん、スプーンとヘラで演奏する乙女製菓。

ナンバーワンではなくオンリーワンの意味でトップクラスと言える…?!
しかし実は指パッチンの指男は「1分間で指パッチン296回」という世界記録を持っているそうで、本物の世界トップなのだそうです!!

異色演奏者の皆さんは「Seyana.~何でも言うことを聞いてくれるアカネチャン~」「シャルル」「ワールズエンド・ダンスホール」「シュガーソングとビターステップ」「secret base~君がくれたもの~」「ハジメテノオト」「初音ミクの消失」と計7曲を演奏。

手を振り回し暴れ回る指男、必死で歯を磨くお野菜、痛くないのか心配になるほど頬を叩くすみそ、手おならで演奏される名曲…。
シュールすぎる画、ツッコミどころ満載のステージで、会場も生放送のコメントも大盛り上がりでした。
異色演奏者の方々の演奏を見たことがない方は、是非ニコニコ動画で見てください…!!!

さて第1部の中からもうひとつご紹介したいのが、__(アンダーバー)のステージ(個人的に大好き)。
__(アンダーバー)は歌ってみたカテゴリで活躍している男性の歌い手です。
超パでは「ギガンティックO.T.N」と「こちら、幸福安心委員会です。」を披露。
「こちら、幸福安心委員会です。」では「アンダーバーは!」「最高です!!」のコールアンドレスポンスで会場が一体となりました。
私もアリーナ席で叫びたかった!!!
\アンダーバーは最高です!!!!!/

第2部~SMILE~

第2部では生ゲーム実況ステージが開催されました!
出演は、あろまほっと、FB777、KIKKUN-MK-Ⅱ、eoheohの4人組ゲーム実況者グループ、M.S.S Project。
ステージでプレイするゲームは、Nintendo Switchのソフト、スーパーマリオパーティーのリズムゲーム。
ゲーム実況の他に、音楽活動もしている4人。リズム感覚には期待できるかと思いきや…
ギター担当であるはずのKIKKUN-MK-Ⅱが大苦戦。3戦したものの、FB777が全勝という結果に!?
ゲームプレイ中は実況どころか、発せられていたのはリズムに合わせたかけ声くらいで、汗だくになりながら必死にゲームをするM.S.S Project。皆さん、とにかく楽しそうでした…!

いよいよVTuberステージ!


ゲーム実況で盛り上がった後は、ついに超パ初めてのVTuberのステージ!
オープニングは、田中ヒメ、鈴木ヒナとばあちゃるが務めました!
VTuberのことを知らない観客もいる中で、VTuberたちがアウェーにならないか少し心配だったのですが、盛り上げ上手なオープニングの3人と、優しい観客の皆さんのおかげで、会場が盛り上がっていました!
VTuberたちの呼びかけに会場のファンが応える様子は、バーチャルの世界と現実世界がつながったようでした…!!!

カウントダウンコールとともに、徐々に会場のサイリウムがヒメヒナのカラー、ピンク色と青色に変わります。
VTuberステージ1曲目は、田中ヒメ、鈴木ヒナの「ロキ」。
安定の歌唱力で会場は大盛り上がり。最高の流れをつくってくれました。
ステージでも、恒例の盆踊りをふたりで踊り始め、いつも通りの自由奔放ぶり。
大好きなヒメヒナが目の前のステージを歌って踊りながら走り回っている姿が最高すぎて、何度も泣きそうになりました…!!

ヒメヒナについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください!そして沼にはまってください。

歌い終わると、ヒメヒナがアズマリムをステージに呼び、バトンタッチ。
2曲目はアズマリムで「ダンスロボットダンス」。
アズリムがいつも以上にかわいかった…!!
体力があまりなく、歌ってみた動画ではいつも、途中から息切れしてしまうアズリム。超パでは少し息切れしつつも、たくさんの先輩たちに見守られ、しっかり歌い切っていました…!!アズリムよく頑張った!!

アズマリムの次はときのそらが登場!アズマリムはときのそらに「頑張ってね!」と声をかけて退場。その様子は、ただ順番に登場するのではなく、みんなでエールを送り合ってリレーを繋いでいるようでした。
ときのそらが歌ったのは「オツキミリサイタル」。
手拍子や声を出すように観客を煽り、それに応える会場のファンたち。青いサイリウムの光に囲まれて堂々と歌うときのそらは、本当にアイドルのようでした!

ときのそらについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!



VTuberステージ4曲目は富士葵の「ゴーストルール」。
圧倒的な歌唱力に聞き惚れてしまいました。さすが我らの孫…!!
会場は動きのそろった青色のサイリウムに包まれ、会場一面が海のようでとても綺麗でした。
会場のファンたちも巻き込んで一緒にゴーストルールを歌う姿が最高でした…!

富士葵についてもっと知りたい方はこちら!

前半パートの最後はミライアカリで「ECHO」。
青色に光っていたサイリウムが一気に黄色に変わり、ステージがきらめきました。
普段の下ネタに寛容なミライアカリからは想像もできないような歌声に驚きました。こんなにかっこいい子だったなんて…。
実はミライアカリの公式イラストは、初音ミクのデザインを手がけたKEIによるもの。そのミライアカリが、ニコニコ超パーティーのステージに立って歌っていると思うと…!

ミライアカリをもっと知りたい方はこちらの記事を読んでみてください!



VTuberステージ前半パートはこれで終了。電脳少女シロやキズナアイが登場する後半パートは、第3部・第4部の記事でご紹介します!
いつもはスマートフォンやパソコンの画面越しで見ているVTuberたちが目の前で歌い、踊るVTuberステージ、とにかく最高だったとしか言いようがない…!!!VTuberたちは超パの出演が初めてでありながら、素晴らしい技術と、盛り上げ上手なVTuberたちと、それに応えるあたたかい観客のおかげで、本当に夢のような時間でした。

VTuberステージの後は、「#コンパス 戦闘摂理解析システム」のライブ。
スマートフォンゲーム「#コンパス」のキャラクターがステージのスクリーンに現れて踊るだけでなく、コスプレイヤーとコラボしていました!
スクリーンでメグメグがドアを開けた映像に合わせて、メグメグのコスプレイヤーが登場!
その姿は、キャラクターが2次元から3次元に本当に飛び出してきたようで、ゲームをプレイしたことがなかった私でも泣きそうになりました…。(何度目)

そして第2部最後は、ワールドワイドフェスティバル!
足太ぺんた、めろちんなどの踊り手と一緒に、公募から選ばれたダンサーたちがステージや通路でワールドワイドフェスティバルを踊りました。
好きなものを投稿し、やりたいことを叶え、視聴者に見てもらい、コメントをつけてもらえるのがニコニコ動画の良さ。ステージに集められた大勢のダンサーが楽しそうに踊り、会場の観客がサイリウムを振り、生放送視聴者のコメントがモニターで流れる様子には、ニコニコの良いところが詰まっているように感じられました。

やっぱり、ニコニコ最高!!

キズナアイや、毎年恒例の例のあの方が出演する、ニコニコ超パーティー後半、第3部~CHAOS~と第4部~DREAM~は次の記事でご紹介します!

がわりおん
引きこもり大学生。高校時代にOculus製品で体験したVRにハマる。戦場の絆VRの正式稼働が待ちきれない…。今はVTuberの影響で3Dモデリングに手を出そうとしています。
この人の記事をもっと見る!

RECOMEND TAG

おすすめタグ

FOLLOW ME

SNSをフォロー

360Channelの公式SNSアカウントをフォローしよう!最新の情報が満載!

twitter facebook
  • 360Channel | VR動画配信サービス

    VR動画配信サービス『360Channel』で配信する動画は360度全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、あたかも動画内に自分がいるかのような臨場感あふれる視聴体験をお楽しみいただけます。VR 専用 HMDを装着して、さらに没入感の高い視聴体験を味わうことができます。

  • VR PARTNERS | 総合VRプロデュース事業

    『360Channel』が年間500本以上のVR映像制作・配信を通じて蓄積したノウハウを活かしVRを活用したい企業のあらゆるニーズにお応えいたします。プロモーションプランニングから撮影、編集、効果測定まで一気通貫した VRソリューションを提供します。