1. 【Inter BEE 2018】DCEXPOに潜入!

イベント・セミナー情報

【Inter BEE 2018】DCEXPOに潜入!

あいか

2018.11.16(Fri)

2008年から日本で開催10年目となるデジタルコンテンツEXPO(DCEXPO)は昨年に引き続き、 視覚、聴覚、触覚や嗅覚を意識した認知科学の成果や先端デジタルコンテンツ技術をテーマとした展示会です。今回、私たちVRTIMES取材班はVRをテーマに気になるブースをまとめてレポートしちゃいます!

〈開催概要〉
日時: 11月14日(水)・15日(木)午前10時~午後5時30分
11月16日(金) 午前10時~午後5時
会場: 幕張メッセ
料金: 無料(事前登録必須)

【TOPPAN WARP TOURISM】トッパンVRで時空を超えた文化体験?!

朝一からブース前に行列ができていたこちらのブースは凸版印刷株式会社が出展している
「トッパンVR」。
黒の壁でしきられたこのボックスのなかは4面スクリーンシアターになっており、高精細ディスプレイで4KクオリティーのVR動画を楽しめる、なんとも贅沢な空間になっております。今回、このVRシアターで体験可能なコンテンツは「東大寺 大仏の世界」「日本工芸の名宝 色絵月梅図茶壷・八橋蒔絵螺鈿硯箱」「帝国ホテル・ライト舘」の3つ。どのコンテンツも後世へ継承したい日本の伝統文化であり、国内にとどまらず、世界中の人に見てもらいたい貴重なコンテンツです。

VRシアターの中は撮影禁止となっていますが、今回は特別に許可をいただき撮影させていただきました!それが、コチラ!

一面のスクリーンとは桁違いの迫力を感じるこの空間では、手前のコントローラーを動かすと位置変更も可能です。ヘッドマウントディスプレイで感じるVR感覚とは違い、身体全体で体感可能です。文化財との新しい視覚的な出会いを体験してみたい方はぜひお立ち寄りください。

【VTuberハッカソン】VTuberハッカソンとは?!

続いてやってきたのは、株式会社パノラプロ(PANORA)とSilicon Valley Virtual Reqality日本支部(SVVR Japan)の共同で開催されている「VTuberハッカソン全国ツアー2018DCEXPO大会」です!VTuberハッカソン全国ツアーでは、8つのチームがそれぞれ目的に向かってアイデアを出し合い、短期間でメンバーオリジナルのコンテンツを制作をするお祭りです。
開会式前に、既に続々と参加者のみなさんが集まっておりました!1日目の14日は、チーム編成、デバイス・ソフトウェア抽選会、企画発表などが行われました。

夕方4時の企画発表では、その日に結成されたチームごとに企画コンセプト・キャラクターデザイン・メンバー紹介などが発表されました。3日間を通してどのようなVTuberが誕生するか楽しみですね!
株式会社パノラプロの広田代表にインタビューしてきました!
インタビュー内容がこちらになります。

△SHOWROOMのアバターとなった広田代表

Q.「VTuberハッカソン全国ツアー」開催の由来を教えてください。
VTuberハッカソンは、VTuberが流行っている中で、みんなで集まってVTuberを作ったら楽しいのではないか?と思ったことをきっかけに始めました。技術系のハッカソンと違い、最後に(Youtubeに)動画を投稿するのでみんなが頑張った成果が見られるところがVTuberハッカソンの魅力だと思います。

Q. 展示の目的や今回の全国ツアーを通して伝えたいメッセージなどあれば教えてください。
今年の2月に開催したVTuberハッカソンが盛り上がったので、現在全国で開催しています。最終的には東京のプレミアム大会では各地で作ったVTuberを対決させたいと思っています!ハッカソンを通して、VTuberを作りたい人たちが新しい技術について情報共有して、学びを得られる場所になれればいいと思うし、ハッカソンにきてVTuberの作り方や動画編集の方法を学んだり、面白い動画を作りたい!と思う人が集まってほしいです。PANORAとしてもVTuberを広めていきたいし、もっとVTuberが増えてくれると嬉しいです。

【Vカツ】アバターを体験?!

続いては、VRTIMESお馴染みのVカツ!ブースでは、PCもしくはiOS端末で顔、体、手足のボディ調節以外にもお好みの髪型、衣装、アクセサリーなどを選択して自分だけのオリジナル3Dアバターの作成が可能です。実際にVRヘッドセットをつけて3Dアバターを動かすことが可能な体験コーナーもございますので興味がある方は、ぜひお立ち寄りください!

ブースに立ち寄れなかった方は、こちらの「待望のVカツiOS版がリリース!新機能ARモードを実際に使ってみた…!」を読んで是非試してみてくださいね!

【Noitom x VTuber】顔の表情までリアルアバターに伝わる?!

Noitom International, Inc.は、産業界のパートナーを連携促進し、VTuberファンとの交流支援するプラットフォームを提供しております。今回、なんとブース初公開の
「PERCEPTION NEURO PRO」は完全ワイヤレスのモーションキャプチャです。それに加え「FACERIG」はリアルタイム顔アニメーションを表現可能のソフトフェアです。この2つを合わせて使用することでライブキャスター制作が簡単、かつ低コストで現実化します。身体の動きだけでなく顔の表情もとても正確にアバターに反映していて、なんといってもワイヤレスなので身動きがとりやすく、長時間装着していても身体への負担がなさそうです。

今回は残念ながら実際に装着して体験できませんでしたが、近い将来にぜひ使ってみたいです!

【VR Gallery】VR技術で絵画の世界に飛びこんじゃおう!

今回の展示会で私の一押しはこちら!
Wizmeの「VR Gallery」では2次元の既存の絵画を音響を含め3次元で表現、世界の有名絵画作品の仮想世界に飛び込むというこれまでにない新しい体験をさせていただきました!

担当者の指示に従い、VR空間内で美術館を歩いていると...次の瞬間、ついさっきまで2Dで見ていた絵画に飛び込んじゃってるではありませんか!さっき見ていた絵画の輪の中心に吸い込まれていき、気づけば四方八方に絵画の中にいた人たちが...自分も絵の一員になりました。笑
これまであまり美術館に足を運んでこなかった私ですが、VRで体験する美術にはドキドキしてしまい、素直に美術の魅力に吸い込まれました。絵画が好きな方はもちろん、私のようにこれまで美術の魅力に気付けていなかったという方にも本当におすすめです!

【ソリッドレイ研究所】VRでチーム戦?複数人が同時にVR空間を共有

株式会社ソリッドレイ研究所はソフトウェアの開発から、コンテンツ制作、システムインテグレーションまで幅広く活動されています。
ブース内に大きなスクリーン。なんだか楽しそう!興味本位で立ち寄ったこちらはなんと
VR空間内で複数のアバターと同じゲームを楽しめます。棒状のオリジナルデバイスはVR空間内では銃として活用し、ボタンを押すことで銃を撃つことができます。重力計算や反射計算を元に、多彩のなエフェクト表現が可能でおもしろい!

実際に私も体験してみましたが、ヘッドマウントディスプレイを装着し、チームメンバーを確かめるため左を向いてみると...見覚えのないちょんまげさんが立っていました。笑
出だしからユニークさ満載で、ついふふっと笑ってしまいましたが、VR空間内ではチームメンバー力を合わせてモンスターを退治してきました!

【ロケ弁グランプリ】おいしそうな弁当がずらり!

展示会でたくさん歩いてお腹ぺこぺこ...
そんな時には「ロケ弁グランプリ」コーナーへ!

12時すぎに立ち寄ると、こんなにたくさんの人が!入り口では各お弁当が展示されており、
食べたいものが決まればブースへGO!

食べたハンバーグがとてもおいしかったので、投票までしちゃいました~。
ロケ弁グランプリ、どのお店が選抜されるか気になりますね!

【Circus Company provides xR solution to create the new lifestyle】

最後にご紹介するのは、AR・VR・ICT分野において企画から開発まで幅広く展開されているCircus Companyのブースです!本ブースでは、ARアプリの体験をすることができます。

アプリを起動し、カードに画面をかざすと、AR空間に東京タワーが登場します!そしてなんと、ARアプリを使ってゲームをすることもできちゃうんです...!

このように画面をタップして、東京タワーを破壊しようとするクマちゃんをやっつけます!(笑)カードとアプリがあるだけでゲームまで楽しめるとは...!ARの世界にのめりこんでしまいそうです!
こちらのARアプリは、観光やイベント、広告や教科書など様々な分野で活用されています。これからのAR技術の発達が楽しみですね!

~まとめ~

いかがでしたか?
今回はデジタルコンテンツEXPOの展示会内ではVR関係の企業様が多く参加されていたため、VR機器が数多く使用されていました。VR技術において、これまでは想像し得なかった業界での活躍を目のあたりにし、VRはますますスピードを上げて増えるのではないでしょうか。
あなたも商品やサービスを最先端技術を活用して、よりクリエイティブに、より印象深く、多くの方に伝えてみませんか?



あいか
こんにちは!VR1年生の美佳です!新しい趣味見つけるためにVR動画みるようになった~。
この人の記事をもっと見る!
  • 360Channel | VR動画配信サービス

    VR動画配信サービス『360Channel』で配信する動画は360度全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、あたかも動画内に自分がいるかのような臨場感あふれる視聴体験をお楽しみいただけます。VR 専用 HMDを装着して、さらに没入感の高い視聴体験を味わうことができます。

  • VR PARTNERS | 総合VRプロデュース事業

    『360Channel』が年間500本以上のVR映像制作・配信を通じて蓄積したノウハウを活かしVRを活用したい企業のあらゆるニーズにお応えいたします。プロモーションプランニングから撮影、編集、効果測定まで一気通貫した VRソリューションを提供します。